【MVS略語集】




略語 正式名称
日本語
簡単な説明
CA Control Area
制御域
レコードをデータ・セットに追加する前にデータ・セットをフォーマットするために単位として使われる制御インターバルのグループ。また、キー順データ・セットでは、シーケンス・セット索引レコードによって指される制御インターバルのセット。これはVSAMによって空きスペースを配布するため、およびシーケンス・セット索引レコードをそのデータの隣りに置くために使われる。
CATChAracter arrangement Table  
CBICControl Blocks In Common
共通制御ブロック
 
CBUFControl Block Update Facility
制御ブロック更新機能
 
CCHHRCylinder/Head Record address  
CCSIDCoded Character Set Identifier
コード化文字セット識別子
特定のコード化スキーマ識別子、文字セット識別子、コード・ページ識別子、および追加コーディングが必要な情報を識別する16ビットの数。CCSIDは使われるコード化図形表現を固有に識別する。
CCW Channel Control Word
チャネル・コマンド・ワード
入出力を実行するためのチャネル用命令(コマンド)が入った記憶城上のワード。ある入出力を実行するために用意されたー連のCCWの集まりをチャネル・プログラムと呼ぶ。
CCW Channel Command Word
チャネル指令語
入出力チャネルに対してレコードのアクセスの仕方を指令するコマンド。
CDRACharacter Data Representation Architecture
文字データ表現体系
 
CDSControl Data Set
制御セータ・セット
SMSでは、構成、操作、またはコミュニケーションの情報が入っているVSAM線形データ・セット。SMSでは、ソース制御データ・セット、活動制御データ・セット、コミュニケーション・データ・セットの3種類の制御データ・セットが使用される。
CECCentral Electronic Complex
中央電子複合システム
 
CFCoupling Facility
結合機能
シスプレックスで高速キャッシュ、リスト処理、およびロック機能を提供するハードウェア。
CFRMCoupling Facility Resource Manager
結合機能資源管理プログラム
 
CI Control lnterval
制御インターバル
VSAMがレコードを記憶する補助記憶装置の固定長域。これはVSAMによって補助記憶装置に、または補助記憶装置から、伝送される情報の単位 (ブロック・サイズの整数倍)。
CICS Customer lnformtion Control System
顧客情報管理システム
トランザクション処理のミドルウェア。データ・コミュニケーション(オンライン)の機能を提供する代表的なプログラム・ブロダクト。IMSと比べると中規模以下のシステムに採用されることが多い。 IMSはMVS系OSでしか稼動しませんが、CICSはMVS系OSもVSE系OSもサポートされます。
参考:Wikipedia
CIDF Control Interval Definition Field
制御インターバル定義フィールルド
(VSAM)
CKDディスク Count-Key-Data Disk レコードの形式がカウント(レコード・アドレスやデータ長が入ったフィールド)、キー(ハードウェアで識別可能な探索キー)、データ・フィールドから成るディスク装置。
CKDS Cryptographic Key Data Set
暗号鍵データセット
 
CLIST Command List TSOコマンド言語
CLPA Common Link Pack Area
共通連係パック・エリア
「しーえるぱ」と読みます。
CMB Console Message Buffer
操作卓メッセージ・バッファー
 
CMS Cross Memory Services
仮想記憶域間サービス
 
CNOS Change Number Of Sessions
セッション数の変更
SNAによって提供される動詞の集合のことで、適用業務プログラムが (LU、モードのような)セッション限界を変更することができるようにするもの。 これによって、2つの LU 間で、会話の割振りに使用可能なモード名ごとにLU間セッション数が制御される。
COMMDSCOMMunications Data Set
コミュニケーション・データ・セット
単一のSMS構成によって管理される複数のシステム間で通信するための主要な 方法。COMMDSは、ACDSの名前と、システム管理対象ボリュームごとの現在の使用統計をもつVSASM線形データ・セットで、SMS が稼働するシステムの間でスペースをバランスさせるのに役立つ。
CONTIG CONTIGuous space allocation 隣接スペース割り振り
CPI Common Programming Interface
共通プログラミング・インターフェース
システム・アプリケーション体系でサポートされる環境で、 より簡単に統合化したり移動したりできる適用業務を開発するための、 言語、コマンド、および呼出しを提供する。
CRACatalog Recovery Area
カタログ回復域
カタログが存在するボリュームを含む、回復可能カタログによって所有される個々のボリュームに存在する入力順データ・セット。CRAはカタログのレコードのコピーを含み、損傷したカタログを回復するのに使われる。
CSA Common Service Area
共通サービス域
 
CSW Channel Status Word
チャネル状況ワード
 
CSECT Control Section
制御セクション
制御セクションの始まり。制御セクションとは、プログラムの論理的な最小の単位のことです。
CSP Cross System Product CSPは関係データベースやその他のサブシステム用の適用業務プログラム、データ、画面等を対話モードで定義したり、その他の保守を行うことが可能。
CTCChannel-To-Channel
チャネル間
2つの計算機装置を接続する方式の 1 つ。
CTCA Channel-To-Channel Adapter 同じ計算機または異なる計算機の2つのチャネルを直接結合させるためのもの。
CVAFCommon VTOC access Facility
共通VTOCアクセス機能
 
CVOLControl Volume
制御ボリューム
 
CVTCommunication Vector Table  
CYLOFLnumber of tracks for CYLinder OverFLow records シリンダー・オーバーフロー・レコード用のトラック数



BEFORE PAGE

TOP PAGE