■  [TSO] =3.4(DSリスト)の小ワザ


コマンド欄にx /(xxx)と入力するとメンバーを絞れます

xは、B(rowse)とかV(iew)とかE(dit)とか。

EX)

COMMAND - ENTER "/" TO SELECT ACTION                  MESSAGE   VOLUME
----------------------------------------------------------------------
          TST.MYLIB                                             TSTVOL
********************* END OF DATA SET LIST ***************************


     

COMMAND - ENTER "/" TO SELECT ACTION                  MESSAGE   VOLUME
----------------------------------------------------------------------
B /(*SORT*)ST.MYLIB                                            TSTVOL
********************* END OF DATA SET LIST ***************************


※表示されているライブラリー名の上に上書きしてかまいません。


次画面に、"SORT"という名前を含むメンバーだけが表示されます。



コマンド欄にSFと入力するとメンバーをサーチできます

COMMAND - ENTER "/" TO SELECT ACTION                  MESSAGE   VOLUME
----------------------------------------------------------------------
          TST.MYLIB                                             TSTVOL
********************* END OF DATA SET LIST ***************************


     

COMMAND - ENTER "/" TO SELECT ACTION                  MESSAGE   VOLUME
----------------------------------------------------------------------
SF IDCAMSST.MYLIB                                            TSTVOL
********************* END OF DATA SET LIST ***************************


※表示されているライブラリー名の上に上書きしてかまいません。


次画面に、"IDCAMS"という名前を含むメンバーサーチがヒットしたメンバーには、次画面の一覧表のPROMPTに"*FOUND"と表示されます。

     


                                                   ストリングがありました
DSLIST   TST.MYLIB                                       行  0001 / 00100
 コマンド    ==> ___________________________________  スクロール  ==> CSR
         NAME   PROMPT       SIZE   CREATED          CHENGED        ID
______ MEMBER1 *FOUND         20   2022/01/01 2020/01/01 01:02:03  USER1
______ MEMBER2                21   2022/01/01 2020/01/02 01:02:04  USER2
______ MEMBER3 *FOUND        120   2022/01/01 2020/01/03 01:02:05  USER3
______ MEMBER4               234   2022/01/01 2020/01/04 01:02:06  USER4

       PROMPTのところにかーソルを持って行って、エンターキーを押すと、"*FOUND"のメンバーが上部にかたまって表示されます。


DSLIST   TST.MYLIB                                       行  0001 / 00100
 コマンド    ==> ___________________________________  スクロール  ==> CSR
         NAME   PROMPT       SIZE   CREATED          CHENGED        ID
______ MEMBER1 *FOUND         20   2022/01/01 2020/01/01 01:02:03  USER1
______ MEMBER3 *FOUND        120   2022/01/01 2020/01/03 01:02:05  USER3
______ MEMBER2                21   2022/01/01 2020/01/02 01:02:04  USER2
______ MEMBER4               234   2022/01/01 2020/01/04 01:02:06  USER4




コマンド欄に入力できる主なコマンドは

SF  SFは、=3.14 SERACH-FOR(データ・ストリングのデータ・セット検索)と同じ機能
SFE  SFは、=3.15 SEARCH-FORE(拡張データセットストリングのデータセット検索)と同じ機能
SC  SCは、=3.12にSUPERC(データセットの比較)の画面に遷移します
SCE  SCは、=3.13のSUPERCE(拡張データセットの比較)の画面に遷移します



BEFORE PAGE

TOP PAGE