■  よく使うJES2コマンド


機能 JES2コマンド 留意点等
ジョブ番号指定 ジョブ名指定  
JOBのキャンセル \C Jnnnn \'jjjjjjjj' ,Pを付けると出力リストのパージもする
JOBの状態確認 \D Jnnnn \'jjjjjjjj'  
JOBの状態確認 \DA    
SYSOUTクラスの確認 \DF    
イニシエータクラスの状態確認 \DI \DIイニシエータナンバー   
INPUT、OUTPUTのJOBをすべて表示 \DN,ALL    
装置の状況を表示 \DU,装置名   装置名を指定しないと全ての装置を表示します。
装置名例:ALL・・・全て、LINEn・・・回線情報、PRTS・・・印刷装置、etc...
HOLDになっているJOBの実行 \A J,nnnn \'jjjjjjjj'  
JOBのHOLD \H J,nnnn \'jjjjjjjj'  
保留になっている出力データのリリース \O J,nnnn \'jjjjjjjj'  
SYSOUT JOBの状態確認 \L Jnnnn,ALL \'jjjjjjjj',ALL  
SYSOUTの削除 \P Jnnnn \'jjjjjjjj' \PJnnnnと\CJnnnn,Pは同じです
SYSOUTを別のシステムに転送 \RALL,J=nnnn,D=xxxx \RALL,J='jjjjjjjj',D=xxxx xxxxは別のシステムのJES名
SYSOUTクラスを全て別のシステムに転送 \RALL,Q=q,R=yyyy,D=xxxx   q=出力クラス
yyyy=自分のJES名,xxxxは別のシステムのJES名
SYSOUTが別のシステムに転送されない場合 \SN,A=yyyy   yyyy=自分のJES名
INPUT−QのJOBのクラス・プライオリティー等の変更 \TJnnnnnn,C=x,P=prty \TI'jjjjjj',C=x,P=prty  

nnnn : JOB番号
jjjjjjjj : JOB名
JOBMASK(JM)には、JOB名を指定する。JOB名には、ワイルド指定可。
※ワイルド文字は、*(以降は全て対象)と?(任意の1文字に対応)がある。(SDSFの*と%に対応。)


TOP PAGE