■  EXECステートメント


EXECステートメントは、このジョブ・ステップで実行するプログラム、またはカタログ式プロシージャーまたはストリーム内プロシージャーを
指定するため、またシステムにジョブ・ステップの処理方法を伝えるために使用します。
EXECステートメントは、ジョブまたはプロシージャー内の各ステップの始まりを示します。

ジョブには、最高255までのジョブ・ステップを含めることができます。この最大値には、 EXECステートメントが呼び出すすべてのプロシージャー内の全ステップも含まれます。

EX)   
//nameEXECPGM=aaaaaa,COND=(0,NE,STEP1)

 

STEP名 実行プログ
ラム名
STEP1の戻りコードが
ゼロでない場合
はこのSTEPを実行しません

<主なキーワードパラメータ>
PGM=aaaaaa 実行するプログラムを指定します。

PROC=bbb実行するプロシージャを指定します。

COND=(code,演算子,ccc.ddd) ステップの迂回条件を指定します。

code:STEPの戻りコードを指定します。
演算子:指定できる演算子はSORTと同じです。
ccc:ステップ名を指定します。
ddd:プロシージャ名を指定します。

COND=EVENEVENを指定すると先行するSTEPが異常終了した場合 でも
このSTEPを実行します。

COND=ONLYONLYを指定すると先行するSTEPが異常終了した場合 のみ
このSTEPを実行します。

<CONDパラメータの迂回条件表>
CONDパラメータのテスト 前のステップの戻りコード(RC)
現行ステップを実行 現行ステップを迂回
COND=(code,GT) RC ≧ code RC < code
COND=(code,GE) RC > code RC ≦ code
COND=(code,EQ) RC ≠ code RC = code
COND=(code,LT) RC ≦ code RC > code
COND=(code,LE) RC < code RC ≧ code
COND=(code,NE) RC = code RC ≠code


原典:日本アイ・ビー・エム株式会社
      GC28-1757-00
      OS/390 MVS JCL Reference
      (一部改変)

BEFORE PAGE

TOP PAGE