■  ストリーム外カタプロサンプル


■まず、プロシージャだけのメンバーを作成します。
  (例えば、TEST.MYLIBというライブラリーにSRTというメンバーを作った例)
//SRTPROCFL= 
//S1EXECPGM=SORT 
//SORTLIBDDDSN=SYS1.SORTLIB,DISP=SHR 
//SORTWK01DDUNIT=SYSDA,SPACE=(CYL,(10)) 
//SORTWK02DDUNIT=SYSDA,SPACE=(CYL,(10)) 
//SORTWK03DDUNIT=SYSDA,SPACE=(CYL,(10)) 
//SORTWK04DDUNIT=SYSDA,SPACE=(CYL,(10)) 
//SORTWK05DDUNIT=SYSDA,SPACE=(CYL,(10)) 
//SORTWK06DDUNIT=SYSDA,SPACE=(CYL,(10)) 
//SYSOUTDDSYSOUT=* 
//SORTINDDDSN=&FL,DISP=SHR 
//SORTOUTDDDSN=&FL.NEWFL,DISP=(,KEEP),… 
//SYSINDDDDNMAE=SRTCARD←カード パラメータを外出しにする例
//PEND  

※このメンバーの中に/*//だけの行があってはなりません!


■上記プロシージャを呼び出します。
//jobJOB 
//PROCLIBJCLLIBORDER=TEST.MYLIB←私用ライブラリーの指定
//STEP1EXECSRT,FL=MYDAT.FILE01 
//SRTCARDDD*←カタプロのSYSINカードの中身です
 SORTFIELDS=(1,1,CH,A) 
/*   
//   

※MYDAT.FILE01は入力ファイルの例です。このJOBを実行すると、
     //SORTIN DD DSN=MYDAT.FILE01,DISP=SHR
     //SORTOUT DD DSN=MYDAT.FILE01.NEWFL,DISP=KEEP
   というJCLが生成されます。


BEFORE PAGE

TOP PAGE