■  よく使うIMSコマンド


機能 IMSコマンド 備考
データベースの状態の照会 /DIS DB dbname  
全データベースの状態の照会 /DIS STATUS DB  
データベースの接続 /STA DB dbname  
データベースの停止 /STO DB dbname  
データベースのアクセス禁止 /DBR DB dbname NOFEOV NOFEOVはボリュームの終わりを検出しないオプション
     
エリアの状態の照会 /DIS AREA areaname  
エリアの接続 /STA AREA areaname  
エリアの状態の停止 /STO AREA areaname  
エリアのアクセス禁止 /DBR AREA dbname NOFEOV NOFEOVはボリュームの強制終了はないことを指定します。
     
トランザクションの照会 /DIS TRAN transactionname  
トランザクションの開始 /STA TRAN [transactionname | ALL]  
トランザクションの停止 /STO TRAN transactionname  
     
プログラムの照会 /DIS PGM pgmname  
プログラムの開始 /STA PGM [pgmname | ALL]  
プログラムの停止 /STO PGM pgmname  
リージョンの照会 /DIS A REG AはACTIVEの略です
リージョンの開始 /STA REG regnumber  
リージョンのキャンセル /STO REG regnumber ABDUMP ABDUMPはループしている場合。
それでも止まらないのなら、/STO REG regnumber CANCELを試して見て下さい
     
端末の照会 /DIS NODE LUname  
端末の開始 /STA NODE LUname  
端末のオープン /OPN NODE LUname OPNはOPNDSTの略です
端末のの停止 /STO NODE LUname  
     
出力メッセージの取消 /DEQ NODE nodename PURGE PURGEは処理中の出力メッセージも取り消します
     
チェックポイントの実行 /CHE SNAPQ メッセージ待ち行列の内容をシステム・ログにダンプします
     
会話の終了 /EXIT 「CONVERSATION IN PROGRESS」の状態を解除
     



TOP PAGE