■  JCLを起動させるプロシージャサンプル


//RDRPROCMEM= 
//GENEXECPGM=ICEGENER 
//SYSPRINTDDDUMMY 
//SYSUT1DDDSN=TEST.LIB(&MEM),DISP=SHR 
//SYSUT2DDSYSOUT=(x,INTRDR) 
//SYSINDDDUMMY 
 PEND  

xはイニシエータクラスです(通常はA)。
  TEST.LIBにあるMEM=で指定したメンバーを起動します。
  (但し、このプロシージャメンバーがコマンドライブラリーとして認識されるライブラリーに 作成しなければ使えません。
  このサンプルの場合は、OSコンソールから、S RDR,MEM=mmmmm と入力します。


※同じことをTSOコマンドで実現するなら・・

    TSO SUB ('TEST.LIB(mmmmm)')

でできます(コンソールからやっちゃダメよ)。


BEFORE PAGE

TOP PAGE