■  SuperCでファイルコンペアするサンプル


//STEP1 EXEC PGM=ISRSUPC,PARM=(CHNGL,BYTECMP,'','')  
//OLDDD DD DSN=OLDFILE,DISP=SHR  
//NEWDD DD DSN=NEWFILE,DISP=SHR  
//DELDD DD SYSOUT=*,OUTLIM=3000  
//OUTDD DD SYSOUT=*  
//SYSIN DD DUMMY  

※上記例はSuperCを使ってバイナリーでファイルを比較します。
 ・・・だけど、、、アンマッチリストが見ずらい。。。。(←アンマッチ箇所は先頭レコードからのオフセットで表示されます。)

 行単位の比較をするにはLINECMPオプションを使用します。
 例) EXEC PGM=ISRSUPC,PARM=(DELTAL,LINECMP,NOPRTCC,LONGLN,UPDPDEL)
※処理オプションの説明は、このマニュアルのP.452以降に記載されています。
  でもっ!調べるより、TSOのSUPERC(=3.12)かSUPERCE(=3.13)のユーティリティメニューをバッチモードで
  実行する際に出てくるパラメータを そのまま盗んだほうが早いと思います。

※アンマッチがある場合は、リーターンコードが01になります。

※0件のファイル同士を比較すると、リターンコードが28になります。


BEFORE PAGE

TOP PAGE