■  EOF時の処理方法−その2


EOF時の処理をするにはJOBステートメントにTERMINATIONプロシージャを指定すると便利です。

EX)
JOB INPUT FILEA
   IF (AAA = '01')
       CNT = CNT + 1
   END-IF
   PRINT
*
REPORT
TITLE '****** TITLE *****'
LINE 1 AAA
TERMINATION. PROC                          ←REPORTセクションより後にあること!
   DISPLAY SKIP 2 'CNT = ' CNT ' ケン'      
   DISPLAY 'TOTAL RECORD = ' RECORD-COUNT 'ケン'   ←処理した件数(EASYの予約語)
END-PROC 

 

※SEQUENCE句を指定している場合は、TERMINATIONプロシージャを使用します


BEFORE PAGE

TOP PAGE